第二次遠征二日目(米代川)

酔いと疲れでとっとと就寝しますから5時過ぎには目が覚めます。本日も川を確認すると今日は営業鮎が見えません。前日コンビニで購入した朝食を食べて出発準備といくと、プリウスの左前輪がパンクしています。私は自分の車にも疎くてスペアタイヤは携行していないと思っていました。JAFにも加盟してませんし近くに車屋さんがあるとも思えません。

さあ、どうしたものかと困っていると先輩が車を確認してくれまして何てことはなくスペアタイヤがトランクの下に入ってました。先輩はトヨタではありませんが別の自動車会社勤務でした(笑)。

スペアタイヤに交換してガソリンスタンドでパンク修理してもらおうとの対応方針が決まりましてまずはジャッキで車を上げるのですが上がりません(笑)。プリウスってバッテリーのせいなのかとっても重いんでしょうね。交代でジャッキを回して何とかタイヤ交換に成功。スタッドレスタイヤの交換もイエ〇ーハットでお願いしてましたが、自分一人では絶対に無理ですね(笑)

今度こそ出発準備で生け簀のオトリを確認すると全滅( ノД`)シクシク…

取敢えず私はガソリンスタンドへ向かいましてパンク修理を依頼。無事に修理も完了しまして交換もあっという間に終わりました。完了したころに先輩達ともガソリンスタンドで合流できましてガソリンスタンドのお兄さんに場所を確認して川を見に行きます。

まず最初は扇田堰堤?の下の橋から川を覘くと営業鮎がたくさんキラキラしています。次にその下の橋下流の公園へ。テント張るにはよさそうな公園です。川は護岸工事中とのことで趣がありません。公園で宿泊していた釣り人と話ができまして情報を聞くとそれなりに釣れている模様。上流部より小さいとのことですがそんなに小さい鮎ばかりではなさそうです。

最初の橋のところに戻りまして釣り開始です。私は橋下流の浅いトロ場で泳がせ開始。今日も竿はFW、水中糸は複合0.05、針は一角7号4本イカリです。追われている感じはあるのに中々掛からず大きなアタリで掛けた鮎は10cmほどの小型でしたがキャッチミス。30分ほど釣りましたがダメなので一気に下流へ向かいます。

トロ場が終わった場所は崩れた堰堤のような場所。流れだしにオトリを入れますが簡単には釣れません。再度トロ場になる前の流れ込みで小型の鮎をゲット。小さくても野鮎ですからオトリにします。手前の石周りに移動させているときに何故かヒットで18cmクラス。これから循環が良くなりましてあっという間に6匹ゲット。そのころに先輩達も上流から降りてきました。堰堤下は実は禁漁区だったようで監視員に注意されたようです。

先輩方に野鮎1匹ずつ渡しまして先輩達は下流で釣り開始。私はそれなりの入れ掛り。二流しくらいして掛からない場合は針がオトリに絡んでいたり逆さが外れていたりで、なんてことなく11匹。アタリも遠のいたので先輩達の間に入って4匹ゲット。先輩達は本日のお昼で帰られます。お昼近くなって先輩の一人が片付け始めましたので私も一旦終了。午前の部は15匹、小さいと言われてましたが最初の1匹以外は18~20cmクラス。たまに23cmクラスも混ざります。午後に使うオトリを残して釣果は全部先輩へ渡します。昼食休憩のため私も車を停めた場所まで戻ります。トロ場を100m以上歩きますので大変です。

午後も午前に釣った場所で1時過ぎから再開。最初に釣った流れ込みで4匹ゲット。アタリが遠くなったので少し下流の段々瀬で今日の21匹目は小振りでしたが今シーズンの200匹目。その後はその下流の深瀬で釣れ続きまして4:30までで午後の部だけで31匹。午前と同じでほとんどが18~20cmでたまに23cmクラスが混ざりました。水温が高くてオトリも弱りやすく日曜日まで釣るつもりですので色の変わっていない元気な鮎6匹だけ宿へ持ち帰りましてその他はリリース。トロ場を歩いて戻る時にサクラマス3匹発見。ヘチで休んでいたのか一気に逃げていきました。こういう状況で大きな魚が走っていくとちょっと怖かったです。

宿へ戻って温泉に入ってからコンビニで夕飯とビールを購入。甲子園を見ていたはずでしたがいつの間にか寝てました。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

怪しい鱗人

Author:怪しい鱗人
鮎釣り暦は20年を超えましたが全然上達しません。(ウルトラセブン第10話本編より)
LINKはご自由にどうぞ

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR