神通川最終日

長かったような遠征も最終日です。

どこへ行こうか迷いましたが、空港前へ。前日までの新保橋下流右岸ではなくだいぶ下流の左岸です。

20130830_053302.jpg

7時前からスタートです。既に何人か釣り人がいます。

なかなか釣れません。そんな間にあっという間に人だらけ。竿1本半ぐらいの間隔です。

風が強く吹き始めました。オトリを上手く操作できませんのでいつもの背バリの他に1号のオモリをつけて釣ります。

手前から順に釣って行きます。ちょっとした波立ちの場所で2匹ゲット。前後にはあまり動けませんので立ち込むと3連荘。風のせい?でうまく取り込めず1匹しかゲットできませんでした。その後足元で1匹追加。とにかく風が強いです。

右岸の人はそれなりに釣れていますがこちらはあまり釣れていません。4匹のみです。9時半ごろに場替えを決断します。

上流へ向かいますが前日釣っていた新保橋下流はものすごい人です。もしかして富山県だけ毎日日曜日なのでしょうか?

今回竿をだしていない岩木へ。車は5台止まっていましたが釣り場はあります。

20130830_053243.jpg

大きな岩の下の瀬に。開始早々小さいのが連荘。大きいのも掛ります。1番大きいのは20cmほどでしょうか。お昼までに7匹。18cm以上が4匹。

昼食休憩後は大沢野へ。

20130830_053228.jpg

釣れても小さいとのことでほとんど人がいません。空港前と同じ漁協の同じ川とは思えません。

開始したときは風がありませんでしたので4本イカリでスタート。手前のヘチから始めると3連荘。最初は10cmでしたが次は15cmほど。

立ち込んで瀬の芯を釣ると16cm級が釣れます。たまに20cm前後が混ざる感じです。おとりにならないようなのはあまりありませんでした。

途中から強風が吹き荒れます。大きめのオトリに18cmが掛かったとき、竿を立てるのが精一杯でした。引き寄せようとして竿をためながら下ろうとすると転びます。竿をためながら流されます。股下ぐらいの水深ですが、気分は激流を釣っている野嶋玉造さん。バカヤロウ、コンチキショウとかいいながら何とかゲット。

ずぶぬれで風がありますから太陽がでてないと寒いです。4時前ですが、なんとか30釣れたので気力、体力も限界に近いので帰ろうと思っていたとき、網打ちの二人組に声をかけられました。下流から網やりますとのことでいいですかと。こちらは帰るつもりでしたので遠慮なくどうぞといいましたが、網やってるから帰ったと思わせるのも悪いのでもう少し頑張ることにします。

少し下流に大きな真っ黒な石が点在しているちょっとしたスペースを発見。20cmサイズが5連荘でした。本当に帰るつもりだったので網打ちの人たちに感謝です。

20130830_053212.jpg

今日は35匹でした。15cmクラスが多かったですが、個人的には十分です。初日のJRは10cmクラスでしたから。

釣れている人は釣れています。私との違いがわかりません。連荘しても私は3連荘程度です。同じ場所でねばっても私には釣れません。岩木、大沢野ではそれなりに釣れましたが広いスペースを釣れますからオトリ沈めて掛かる鮎を探せば釣れます。それではいつまでたっても上手くならないですよね。それなりに私なりの考え方で私なりのやり方をやってみましたが、考え方かやり方のどちらかが間違っている訳です。結果が全てを物語っています。

そういう訳で、今回はまったく収穫がありませんでした。もう少し釣れるようになりたいものです。

4日間の収支は
朝食代(コンビニ)                 1,000
昼食(初日のみラーメン屋、2日以降はいつもの)   1,000
夕食(ラーメン屋、すきや*2、王将)        2,700
オトリ(初日のみ)                 1,000
風呂(八木山鉱泉、ゆーとりあ越中)         2,000
飲み物他                      1,500
高速                        2,550
ガソリン代(650km、@27km)        3,600

合計                       15,350

家族ほったらかしでの一人遊びですから経費削減は当然のことです。
よろこんで鮎を食べている家族に感謝です。

コメントの投稿

非公開コメント

良い記事ですね

初めまして、鮎原人と申します。

とっても良い記事だと思います。
心情が素直に書かれていて、同じ釣り人としてナルホド感がありますね。
特に27、28と、新保、空港前、大沢野で撃沈(二日でチビ鮎40)した自分にとって、似たような状況でしたので、納得しました。ww

釣れてる情報では束越えが出てますが、ネットでは決して流れない取って置きのポイントがあるのだと思います。

それになんだか泥かぶりの石が多くて、磨かれてる特定の石を確保した釣り人だけが、そこに張り付いて大釣りができるみたいですね。

とくにこの時期は、自分のような引き釣りしかできない人間には厳しいです。

たまにしか行かない自分のような県外者にとって、神通はポイント選びで難しい川ですね。

最近変な感想を持っているんですが、鮎が多いといわれる今年より、去年までの方が良く釣れたと思います。

鮎が多くても釣れる鮎が少ないのか、人が去年の何杯も来てて、釣れる鮎を片っ端から釣ってしまうからそうなのか。

一週間くらい禁漁にして確かめて欲しいくらいですね。w

今年は九頭竜が復活気味です。
あちらにも足を伸ばされてはいかがでしょうか。

No title

鮎原人様

過分なるコメントありがとうございます。

今回の神通川では3日半で118匹でした。昨年も8月19日から22日までの3日半で112匹でした。個人的には去年より釣れたということになりましたが、ほとんど同じですから進歩がないともいえます。釣れない理由がわからない限り何度やっても同じことですから。型は去年のほうが良かったです。竿が鳴り糸が鳴るというのが今年はほとんどありませんでした。釣り人も去年よりはるかに多かったですね。

私も瀬の引き釣り派です。それ以外できません(笑)。

九頭竜川は行ってみたい川ですが鮎釣り仲間が少なくて基本的に単独釣行なものですから流れのきついとこは行きづらいです。(一人で行って海まで流されたら洒落になりませんから)

今後もよろしくお願いします。
プロフィール

怪しい鱗人

Author:怪しい鱗人
鮎釣り暦は20年を超えましたが全然上達しません。(ウルトラセブン第10話本編より)
LINKはご自由にどうぞ

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR