ミステリー小説の夜明け

先日BS12で「空の大怪獣ラドン」をやっていたので録画しました。

radon.jpg

子供の頃にテレビで見た記憶はあります。メガヌロンが怖かったのは覚えていますが、その他は全く記憶にありませんでした。見直してみてわかりましたが、子供時代の私にとってこの映画が面白いはずはないです。なんたって怪獣同士が戦ってナンボですから。

この歳になってみると良さがわかります(笑)。ラストシーンで何故ラドンが2匹になっているのかがわかりませんが、あの2匹が夫婦であってロケット攻撃で巣を追い出されてその際にダメージを受けてしまい、巣には卵があって火山の火口から離れられずに遂には墜落、と言うのが私の想像するストーリー。ワイヤーが切れてしまったアクシデントによるものらしいですが結果的には哀愁を誘うシーンになっています。水戸黄門の弥七こと中谷一郎さんが出演されているのもわかりました。

閑話休題?

以前、何かで見て行きたいと思っていましたが忘れてまして、最近になって電車通勤が復活して駅にあったパンフレット見て思い出しました。

201905182034331a6.jpg

土屋文明記念文学館へ行きました。

201905182034341cc.jpg

特別展示のミステリー小説の夜明けです。入場料410円払って入りました。江戸川乱歩も横溝正史も大好きだったりするので楽しみにしてたんです。展示内容は撮影禁止なので写真はありません。410円払う価値があるのかというと微妙です。江戸川乱歩の直筆の原稿がありましたが、私と同じような筆跡で全く読めません(笑)。あんな原稿をもらった担当者も大変だったんでしょうね。

江戸川乱歩は黒蜥蜴、横溝正史は犬神家の一族、八つ墓村、悪霊島の映画のポスターがありました。黒蜥蜴は主演が最近亡くなった京マチ子さんだった模様。京マチ子さんの悲報を聞いたときに私は京塚昌子さんと勘違いしましてセクシー女優???ってな感じでした。

2019051820343660f.jpg

今回の特別展示に合わせてちょっとしたクイズがありました。4問の回答の数字を計算してその数字から人名を当てるというものです。4問の正解の数字でA×B+C+Dを求めるのですが正解はユニークではなく間違え方によっては正解になります。こういうのは何だかムキになってやってしまうのですが当然正解を出します。

201905182034383d7.jpg

景品はぐんまちゃんのクリアファイルです。これもらって嬉しいわけではありませんが・・・

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ぐんまちゃんのクリアファイルをもらって、嬉しくないわけがないじゃないですかっ(笑)!!
怪しい鱗人さんが羨ましくて羨ましくて。。。。。。。。。

おはようございます^^

初期の頃の傑作ですよね^^
炭坑の中って、恐怖感を感じさせる場所であるのに、さらに夜間の
シーンが怖さを増しますね
また、近づいてくる時の音(鳴き声?)も、来るぞ来るぞって
子供心にも怖かった記憶があります^^;

反面、ラドンの高速飛行はワクワクして見てました。
地上で街を破壊している時、空の先でもう1羽が横切っていきますよね
ここで2羽、存在した事が判る、その伝え方も秀逸だと思います

ラストは子供心にも可哀そう、って気持ちになりました。
その辺りも人気の怪獣になった一因かもしれませんね^^

No title

みのじ様、コメントありがとうございます。

よろしかったら譲りますが(笑)

No title

くろすけ様、コメントありがとうございます。

メガヌロンの登場音?が確かに恐怖を煽りますね。福岡襲撃のシーンで2匹目のラドンがいるのは気づきませんでした。後でしっかり確認したいと思います。怪獣大戦争以降、あまり活躍の場がないのは残念ですね。

No title

こんばんは。

>>子供時代の私にとってこの映画が面白いはずはないです。なんたって怪獣同士が戦ってナンボですから。

いやもう全くの同感です(ーー;)私もこの映画を本気で面白い!と思ったのはかなり後になってからだったと思いますが、子供の頃は地味すぎて退屈な印象があったんですよね。

今あらためて見直すとすごく物語(事件)が旨く流れていくというかどんどんスケールの大きい出来事が被さってきて最後のスペクタクルに昇華されるように感じました。

今では自分の中で「ラドン」は最初の「ゴジラ」と並ぶ傑作怪獣映画になっています。

No title

しろくろshow様、コメントありがとうございます。

この「空の大怪獣ラドン」は小学生低学年の頃に見てつまらないと思い込んでいましたので、それ以来この歳になるまで見たことありませんでした。開始からのサスペンス的な展開といい、全てが実に良くできていて本当に素晴らしい映画だと思いました。
プロフィール

怪しい鱗人

Author:怪しい鱗人
鮎釣り暦は20年を超えましたが全然上達しません。(ウルトラセブン第10話本編より)
LINKはご自由にどうぞ

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR