気仙沼へ

本日、旅も終了し自宅へ帰宅。スマホだとブログも書きにくいので後回しにしてました。

12日は田野畑のホテル羅賀荘に宿泊。5時から風呂に入れるので6時過ぎの日の出を待って入浴。曇っていて日の出は見られませんでした。しっかり朝ごはんを食べてチェックアウト。田野畑駅まで車で送ってもらえるとのことで8:35にホテル前集合。若干時間があるのでホテルの前を散策します。

20141213070126463.jpg

この崖の中腹まで津波が来たようです。金網で補修されています。ホテルも3階まで津波がきたそうです。

201412130701276dc.jpg

すぐ外の海で漁をしています。鮑でしょうか。

20141213070128299.jpg

キレイに地層が見えます。この道路まで津波がきたようです。これだけの水を動かすエネルギーってすごいですよね。

防波堤の上で音楽を聞きます。ゴジラのメインテーマです。NHKでやっていた伊福部昭さんの特集によるとこの音楽は悲壮感漂う絶望的な状況を表現した音楽とのことでした。今年の8月のデスマーチ真っ只中でこれを聞くと、確かに絶望的な気持ちになりました。無事にデスマーチを乗り越えると同じ音楽なのに全く違う感じに聞こえます。当時は何とかなるもんだでした。それをここで聞くとどう感じるのか。そこには悲壮感も絶望感もありませんでした。現実逃避のために出かけた旅でした。前日夜間には職場からの電話で現実に引き戻されましたが、勇気をもらいました。決して一人ではない。前向きに頑張ればいい。そう聞こえました。

ホテルから田野畑駅まで送ってもらいます。

20141213070130aa8.jpg

20141213070132c68.jpg

人はいませんが色々飾ってありました。切符を購入します。硬券な切符です。960円とありますが訂正されてます。改札をくぐりますが・・・

2014121307020382a.jpg

改札を出た先は普通に駅の外でした。そのままホームへ向かいます。

20141213070204e8c.jpg

待合室にノートがありました。ここで勇気をもらったので感謝の言葉を書きました。

20141213070206c46.jpg

2014121307020751f.jpg

みなさんの頑張る姿に勇気をもらったんです。

201412130702090e3.jpg

8:52の宮古行に乗ります。

201412130702479da.jpg

隣の島越駅です。北リアス線で一番被害が大きかったのでしょう。最後に復旧した場所です。海が近かったので壊滅的な状況だったんでしょうね。

宮古駅に9:40到着。

20141213070248bb6.jpg

20141213070249a28.jpg

JRの電車が出発するのは5時間後です。山田線は復旧してませんのでバスで釜石を目指します。10:10の岩手船越行のバスに乗ります。トイレもついた観光バスのようなバスです。

2014121307025275f.jpg

車窓から見える景色はキレイな海です。静かな湾内の海なのに・・・

山田町を通過します。復興には程遠い状況です。ビックリでした。

20141213070343596.jpg

道の駅山田で降ります。

20141213070345ffd.jpg

釜石行のバスまで30分あります。小腹が空いたのでおやつに煎餅を買いました。山田町頑張れのタオルも買いました。まだ時間があったので再度店内を見回すと本を見つけて購入しました。岩手日報社の使命-証言・岩手県警察の3.11-です。読み始めると涙がとまりません。バスに乗ってからは車酔いしそうなので止めました。

2014121307034692f.jpg

車窓から見える景色は相変わらずキレイです。大槌町も復旧とは程遠い状況でした。役場跡地の建物は震災被害を受けた3時20分で時計が止まっています。個人的には役場建物を保存することに賛成です。大切なのは震災を忘れるのではなく乗り越えることですから。

201412130703488e6.jpg

釜石駅にはほぼ予定通りに到着。釜石も沿岸部分は相当の被害を受けてます。この駅まで津波がきたようですが駅周辺はキレイになってました。

2014121307044411b.jpg

釜石駅前は新日鉄住金釜石の工場がありました。

20141213070441980.jpg

駅前にはラグビーの展示があります。

20141213070442108.jpg

お昼ご飯は三陸駅1グルメの冊子にあったシープラザ釜石の中にあるポワッソン・ブランのグリーンカレースープです。結構からくて美味しかったです。食事してもまだ時間があったのでちょっと散歩。甲子川を覗いてみると

20141213070445814.jpg

鮭がたくさんいます。地元の人達からすれば当たり前の風景なんでしょう。私一人ではしゃいでました。

20141213070541e67.jpg

死んだ鮭も結構ありました。白く沈んでいるのもたくさんいました。

201412130705422ed.jpg

南リアス線の駅には見事なジオラマがありました。

20141213070543dfe.jpg

14:11の盛行きに乗ります。釜石駅をでると甲子川沿いに進みます。川を覗くとたくさんの鮭がいます。震災当時に生まれた鮭も帰ってきているのでしょう。

20141213070546456.jpg

車窓から見える景色は相変わらずキレイです。

201412130706466d9.jpg

こんな小さな川でも鮭がたくさん登っています。

20141213070647d61.jpg

恋し浜で電車が停まります。

201412130706509a4.jpg

駅舎にはホタテを絵馬のように使ったものがたくさんありました。

20141213070649c99.jpg

海までも近いのですがここは津波の被害も少なかったのでしょうか。盛駅到着は15:08、BRTへの乗り換えですが陸前矢作行はすぐにあります。これだと陸前高田で気仙沼行に乗り換える必要があります。結果的には1時間後に盛を出発するバスと同じになるのですが陸前矢作行にのります。大船渡線のBRTは大船渡線の線路をアスファルトで道路にした上を進んでいきます。ところどころ一般道を走ります。陸前高田が近づいてきたとき唖然としました。かなりの範囲がいまだにそのままです。

20141213070652d2f.jpg

乗換の必要があるので陸前高田で降ります。使命の本の中にありましたが陸前高田壊滅の無線連絡を受けてもそんな大げさなという雰囲気が災害対策本部にもあったようです。本当にすごい被害です。本当に何もありません。セブンイレブンと仮設の陸前高田市役所だけです。仮設の建物は住宅だけでなくこの市役所の他にも病院、警察、消防署、コンビニ、商店街、たくさんありました。奇跡の1本松を目指そうと思いましたがよくわからないので諦めました。約1時間後に気仙沼行が到着。気仙沼市街で渋滞のため気仙沼駅到着は30分ほど遅れました。

201412130707385df.jpg

ホテルにチェックインして屋台村へタクシーで向かいます。

20141213070739bea.jpg

男子厨房海の家に入りました。男性だけかと思ってましたがキレイなおねいさんが対応してくれました。付出はクジラの刺身でした。とっても美味しかったです。

20141213070741036.jpg

イカの貝殻焼きです。味噌味でとっても美味しかったです。おねいさんとマスターとお客さんで来ていた漁師さんと若いお兄さんと会話しながら楽しい時間をすごします。漁師さんとお兄さんはネズミザメの心臓を頼んでましたが美味しのでしょうか。

20141213070742554.jpg

ドンコのたたきです。日本酒によく合います。日本酒3合は飲み過ぎでした。マスターに震災の時のお話を聞かせてもらいました。津波てんでんこの大切さ、家族が心配で戻る人の気持ちも良くわかりますが、震災当時全員が高台目指して避難していたら被害者も少なかったでしょう。使命の本にもありましたが寒さの中で濡れたため命を落とした人もいたことでしょう。ギリギリの局面で最後は運だというのが生死の境を乗り越えた人の言葉だけにとても重く感じました。

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ

僕はフロシキ、なんのコレシキ
薄っぺらでも人情厚い
雨が降ったら傘にもなるし
濡れた体もつらい涙も
全部まとめて拭ってやるぜ
フロシキマン  by 水木のアニキ




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

怪しい鱗人

Author:怪しい鱗人
鮎釣り暦は20年を超えましたが全然上達しません。(ウルトラセブン第10話本編より)
LINKはご自由にどうぞ

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR