怪我の功名?(神流川)

万場河原でのホテルプリウスですが、ひと眠りしてすぐに目が覚めてしまい1時過ぎまでビール飲んでました。満天の星空の下、神流川のせせらぎを聞きながらは贅沢な時間です。

それでも5時過ぎには目が覚めてしまいます。

20190830190916ef4.jpg

お湯を沸かしてカップスープとパンで朝食にしていると犬の散歩中なおじさまが話しかけてきました。このおじさまも鮎釣りが好きなようで南甘針の巻きかたのコツを教えてもらいました。せっかくなので針を巻いてみましたが先針はうまく巻けましたが元針は少し曲がってしまい、間隔も指5本分くらいのなんちゃってヤナギができました(笑)

朝食を終えてマッタリしていると空気が入れ替わった感じで少し寒くなってきました。するとポツポツ雨が降ってきました。竿2本折ってますし雨の中で釣るほど気力は充実してませんが、とーちゃんの帰宅可能時間は夜との指令を頂いているので何とかしないといけません。

今日は上流部へ行こうと思い、オトリを回収して8月2日に釣った場所へ向かうと既に5人も釣り人がいます。とても平日の悪天候な状況とは思えません。それにそこまで頑張って釣れる状況でもないと思うのですが、近隣河川が増水や濁りでダメなんでしょうね。

仕方ないので前日の場所へ戻ります。まだ8時過ぎです。朝早くから釣っても釣れるとも思えませんが直ぐに車が入ってきます。場所キープの意味合いもかねて釣り開始。使える竿がPEしかありませんから急瀬Pの竿で釣ります。前日におじいさんが大型を掛けていた瀬を釣りますがダメ。昨日釣ったトロ場も瀬のタナもダメ。下流には一人釣り人が行っています。全く釣れませんので上流へ行こうと思いましたが、戻りながら見えた駐車場にはすでに車が6台。仕方がないので再度昨日釣れたトロ場まで下ります。

2019083019091775c.jpg

昨日一番の大型が釣れた真ん中の瀬脇にオトリを入れた瞬間に掛かりました。

20190830190919008.jpg

ボーズ逃れて一安心です。22cmほどの良型。その後手前の流れで18cmサイズを追加しましたがその後は全くダメ。開始時点では結構な雨で合羽を着て釣ってましたが雨が上がって蒸し暑くなってきました。

昨日鮎が泳いでいたのが見えた場所へ行くとよくわかりませんが何となく泳いでいるような感じ。オトリを入れると22cmが口掛かりで掛かりました。

午前の部は3匹で終了。駐車場まで戻ってカップラーメンで昼食。周りの車は全部県外の車でした。新潟や山形へ行くとグンマーナンバーばっかりなんですけどね。

ゆっくり休憩して1時過ぎに再開。今度は上流へ向かいます。追いも悪そうだしせっかくなので今日作ったなんちゃってヤナギで開始します。泳がせしやすそうな浅い場所で泳がせますがダメ。瀬の中を流してもダメ。もう既に気持ちも切れています。オトリを動かしているときに偶々石裏の浅い場所に入った瞬間に竿がひったくられます。少し上流の岩盤の荒瀬の脇に沈めるとガギグゲゴって感じのアタリ。24cmクラスの良型です。同じ場所を釣ろうと思って手前からオトリを入れると気づいたときには12cmがくっついていました。

その上の荒瀬の脇に沈めるとゴンと当たりましたがオトリは動きません。そっと竿を立てると掛かり鮎が針に掛かったことに気づいて?一気に走ります。ヤナギでたまにあるアタリですね。

続いて大岩の下流で一抱えぐらいある岩との間に竿を立てて止めているとガツンと強烈なアタリで目印が飛んでいきます。岩盤の上に立っていてこの大型とやり取りするのは怖いので少しくだろうとすると滑って転んでずぶ濡れになります。幸いにも鮎はバレずに引き抜いた鮎は24cmクラス。

その後は大岩の対岸側のヘチにオトリを投げ入れた瞬間にヒット。そのまま下られたらやり取りのしようがなかったのですが幸運にも大岩の手前に出てきてくれまして何とかゲットしたのは25cmクラス。帰宅後測定したら24.7cmでした。

なんとか大鮎を引き抜いて一息ついていたところに釣り人が3人現れまして私の上流に2人、下流に1人入りました。竿抜けを探して釣るような釣りでないと私に釣れる鮎はいなそうなのにこうなると動けません。釣れた場所を再度丁寧に流しますがもう釣れません。下流の釣り人は左岸側の瀬を釣り下っている感じでしたので右岸側のヘチを釣りながら下ろうとすると少し下ったところで下流の釣り人が下らずに沖に出始めまして私の進路を塞ぎます。

ずぶ濡れで寒いですし3時近くまで頑張りましたから終了して帰ることにします。クーラーボックスはシマノの6面断熱材のものを使用しています。LOGOSの保冷剤をいれてタッパーで作った氷を入れておいたのですが30時間以上経過しても氷は9割近く残っていました。

南甘で釣る場合、竿のファーストチョイスはRS8.5mです。増水していたり場所によってはFWを使うこともありますが、急瀬PのPEという選択肢は絶対にありえません。竿は川の規模や釣る流れで決めるものだと思っていましたが、今回PEを使ってみて意外にはまっていたことに気づきました。魚のサイズに合わせても竿を使いわけるべきなんでしょうね。同じ複合0.05号の水中糸でもFWとPEでは全く安心感が違います。

その後はしおじの湯に入って富岡経由で帰宅。みのじさんが提案してくれたのでロト6買って釣具屋さんで空中糸とフロロの0.175号の水中糸を購入しているときに帰宅許可がでました(笑)。

ここまで先週の土曜日からの7日間で6日間も鮎釣りしてます。年甲斐もなくちょっと無理しすぎで疲れ果てまして夕飯食べて8時過ぎには就寝。1週間の夏休みですから、たまには家族サービスしないといけないですよね(笑)

今度は竿が・・・(神流川)

今日はまた娘の友達が我が家に泊まりに来るようで、またしてもとーちゃんは家出しないといけません(笑)

近場で釣りになりそうなのは神流川ぐらいなので南甘へ向かいます。宿泊や二日分の食料を準備するのに時間がかかって自宅を出発したのは8時過ぎ。途中で通勤渋滞にはまって天野さんに到着したのは10時頃。平日なのにかなり釣り人がいます。前回オトリを購入した時に私の車から落ちたように見えた何かの部品を天野さんがキープしてくれていました。結果的には私の物ではありませんでしたが、何だか気分が癒されます。

今日は天野さんおすすめの中流域へ。釣り人が多いせいか途中のオトリ屋さんでは売り切れの看板が結構でていました。

20190829202523502.jpg


今日はRSにフロロの0.2号で開始。こんな場所で泳がすと

201908292025250f3.jpg


あっという間に初日。20cmクラスです。その後もチャラで1匹掛けましたがロケット発射。キツメの瀬で22cmをゲット。午前の部は2匹で終了。

20190829202526550.jpg


昼食はカルボナーラ。久しぶりにパスタを茹でました。

午後は午前に釣った場所より下流へ。中々釣れませんし疲れているのもあって、座り込んでトロ場で竿を立てて待っていると起死回生の1匹が釣れました。オトリが変われば世界も変わって釣れ始まります。

白光が一閃すると目印が上りだして

2019082920252733a.jpg


やっと引き抜いたのは24cmクラス。このサイズが釣れると楽しいですね。

その後も下流に下りますが、下から釣り人が上がって来たので上流に戻ります。

石組みの良い浅瀬を使っていると、目の前の砂利にフラフラと野鮎が泳いで来るのが見えました。その瞬間に離れた場所から野鮎が飛びかかってきました。その他にも鮎が泳いでいるのが良く見えます。それならばということでオトリを入れてみると離れた場所から黒い影がオトリに飛びかかってヒット。自分のオトリに野鮎が掛かる瞬間を初めて見ました。中々の両型で必死に竿をためていると、バンと鈍い音が響き渡ります。何事かわかりませんでしたが竿が真ん中で折れています。折れた穂先側を慌てて拾いあげると、魚はまだ掛かっています。当然引抜きも引き寄せもできませんからゆっくり糸を手繰り寄せて魚はゲット。

まだ4時前ですし、まだ釣れそうですから車へ戻って折れたRSをFWに交換します。先ほどの場所へ戻りましたが日が影ってきてオトリは見えません。それでも何匹か20cmクラスをゲット。少し上流で24cmをゲットしてそれをオトリにしていると、針が石に掛かってしまいましたが野球のボールほどの大きさの石で浮いてきました。もう少しでオトリに手が届くところまで寄せて来るとパンと乾いた音がして糸が上から落ちてきます。今度はFWの2番が折れています。1日に二回も竿を折るなんて当然ですが、初めての経験です。2番なので応急処置として折れた上の部分を折れた下の部分から通して再開。24cmのオトリに24cmの鮎が掛かって引き寄せましたが無事にゲットできました。

2019082920252994e.jpg


午後の部は10匹釣れてトータル12匹でした。

釣りを終えてすぐに近所の釣具屋さんに電話。RSはまだ販売中ですから当然ですが、モデルチェンジ以降5年以上経過しているFWもまだパーツがありました。両方お願いしましたが、結構な金額がかかります。前日に落とした財布に入っていた金銭的価値を少し越える金額でした😢⤵️⤵️

201908292025536b8.jpg


その後は上野村のしおじの湯へ。上野村漁協の年券持っていると300円で入浴できます。

20190829202555f8d.jpg


今夜は万場河原でホテルプリウス。夕飯はたける君でキンメダイのお吸い物を使った炊き込みご飯。ちょっと水が少なくて固かったのが残念でした。

二日続きで結構なトラブル発生です。二度あることは三度あるのでしょうか?三度目は何が起こるのでしょうか?私はどうしたら良いのでしょうか?(笑)

第三次遠征最終日(強制退却)

天気予報通りに夜間には雨が降り始めました。車の屋根を雨が叩く音が心地いいです。エンジンかけっぱなしの大型トラックの音よりも子守唄になります。

酔いと疲れもあって8時過ぎには就寝しました。夜中には何度か目が覚めますが4時過ぎに目が覚めた時にふと気付きました。

整理整頓とは程遠い生活をしている私ですが、色んなモノが散乱している車中で車のカギとスマホと財布は基本的に置く場所を決めてあります。そうでないと本当に困りますから。

財布を所定の場所に置いた記憶がありません。当然いつもの場所にはありません。前日、セブンイレブンでお酒を買った後からは財布の記憶はありません。道の駅のトイレにはいきましたので歩いた経路やトイレを確認しても財布はありません。車の周辺にもありません。車の中にもありません。お酒を買ったセブンイレブンに向かいまして店員さんに財布の忘れ物がなかったか確認してもらいましたがありません。店員さんが防犯ビデオ?で確認してくれまして私はお酒を買ったときには間違いなく財布をもってお店をでたようです。

想像でしかありませんが、セブンイレブンでお酒を買って車のクーラーボックスに入れた時に落としてしまったのではないかと。

すぐに村上警察署へ向かいます。若いお兄さんとちょっと先輩のおねいさんなお巡りさんが対応してくれました。経費削減なのか住所や氏名を書いて提出する紙が広告の裏面。遺失届出書をおねいさんが作ってくれたのですが、私はとっても達筆なもので普通の人には読めないらしく住所の町名と私の名前が間違ってました(笑)

財布には免許証、4万円ほどの現金とキャッシュカード、クレジットカードが2枚、近所の釣具屋さんの1万円ほど給っていたポイントカード、2,000円ほど給っていたホームセンターのポイントカード等が入っていました。

財布を落としたのは半世紀の人生で2回目です。前回は高校生の時に友人と山陰に旅行に行ったとき。財布を二つ持って現金を分けてなおかつ金額の少ないほうの財布でしたが切符も一緒に無くしてしまいました。最終日に天橋立駅から高崎まで切符を買ったのですが途中の検札で確認するとなんと長崎への切符でした)高崎駅で清算すると何と同額でした。(笑)

警察を出て1枚のクレジットカード会社へ停止の連絡を済ませます。お金はありませんがクーラーボックスにスポーツドリンクが2本あります。非常食用のカップヌードルもあります。ETCカードは無事ですし、前日ガソリン満タンにしてますから帰宅するための問題はありません。

自宅まで一般道で帰るつもりでしたが新潟市内に入ると7号線が結構渋滞しています。面倒なので新潟西から高速に乗ります。途中で銀行にキャッシュカードの停止を依頼。もう1枚のクレジットカードは大人の休日俱楽部でネットで確認した時に9時以降に電話してくださいでしたが、紛失は24時間受け付けていたようです。こちらも無事に停止と再発行の手続き完了。スイカもついていて4,000円ほどチャージしてあったのですが、これは無事に戻るようです。

10時過ぎに帰宅して車の中を整理してみてもやっぱりありません。免許証の再発行手続きを確認すると本日再発行が可能な模様。慌てて群馬県総合交通センターへ向かいましたが午前の受付は終了。午後1時に受付できまして2時過ぎには再発行完了。その足で銀行に向かいましてキャッシュカードとクレジットカードの再発行手続き。終了したのは4時前。交通センターも銀行もクーラーが効きすぎでちょっと頭痛がしてます。

これでリカバリー完了です。とんだ一日になりました。今の時点で出てこないところを見ると見つかることはないでしょうね。

20190828202927461.jpg

車中泊するような遠征はいつも神通川で移動しないことが多いのですが、今回のように移動しながら釣るのも楽しかったです。年券もっている川のほうが安上がりですがこういうのも悪くないですね。

第三次遠征三日目(鮭川、金山川、真室川)

月曜日に泊まった道の駅とざわですが、

201908281256390e4.jpg


こちらは一体どこの国なんでしょうか?って感じ。以前にNHKの番組か何かで紹介していたのを見たことがありましたが、最上川沿いの道の駅だったんですね。

夕飯は済ませてありますが、さすがに疲れはてているしお酒飲みたいしで、ここでホテルプリウスでしたが、イデオロギーに反して妥協した結果が第三次遠征を暗転させてしまったのでしょうか?

起床は4時過ぎ、朝の気温は16℃、長袖にジャージで寝ていたので風邪引かずにすみました。

本日の目的地である鮭川を目指します。先日の増水は収まってきていますが濁りがキツイようなら別の川へ行こうと思ったからです。

庭月観音の橋から川を覗くと濁りはありません。石色も良いのですが、営業鮎が全く見えません。大きな鯉が1匹泳いでいました。

気温も低いので慌てる必要は全くありませんので庭月観音のポケモンジムを奪還。このお寺の入り口に門があって「おかげさま門」という名前です。何事もおかげさまの気持ちを持って生きましょうとのことで私自身のモットーでもあります。こうやって1人で釣り三昧できるのも家族のおかげです。

その後は真室川を見るとこちらも営業鮎はいなくて大きな鯉が群れで泳いでいました。

その後は新庄方面にドライブ。コンビニを見つけて氷を購入。水曜日は雨の予報だし、鮭川で大漁なら帰宅するつもりでした。庭月観音近くのオトリ屋さんを目指しますが、まだ7時過ぎ。戻る途中に小杉の大杉という看板を見つけて行って見ましたが、近くまではたどり着いていたはずなのにわかりませんでした。今になってググってみたところトトロの木っていうのはありましたのであの木だったんですね。

庭月観音そばのオトリ屋さんに入ったのは8時前、おかみさんが一人でいまして色々と情報を聞きますがあまり芳しくない模様。最上川漁協の地図を頂きまして向かった先は庭月観音下。

2019082812564160b.jpg

結構良さそうな瀬肩です。本来はこういうポイントが好きだったのですが最近はフロロで釣るようなポイントが好みになっています。苦手意識は全くないのですが最近こういうポイントではあまり釣れない感じで・・・

周辺のハミアトからすると大型の鮎がいそうです。今日は複合0.07号、きつね9号のなんちゃってヤナギで開始します。開始時の水温は19℃で冷たく感じます。瀬肩のザラ瀬で様子をみるとあっという間に初日。

20190828125642d80.jpg

12cmほどの小型です。同サイズがすぐに掛かりましたが引き抜く途中で落ちてしまいました。その後は全く音信不通。下流の深瀬で釣ってもダメ。午後になって水温が上がれば状況も変わるのかもしれませんが場所を変えます。

もらった地図を参考に真室川上流を目指していましたが気づいたら金山川上流にいました。戻りながら川を見ますがあまりそそれれるポイントも無く金山川と真室川の合流点に二人ほど釣り人が見えました。群れにはぐれた鮎が仲間を見つけた気分で釣り人がいるのがちょっと安心できます。金山川の合流点前の瀬から釣り始めます。鮎はキラキラしてるのが見えますが釣れません。下って真室川の瀬肩からザラ瀬を釣りますがこれもダメ。まだ1時過ぎですが、さすがに気力体力尽き果てましてギブアップ。

このままでは不完全燃焼ですので明日も釣るべく川見を兼ねてドライブ開始。雨に強そうとのことで月光川へ向かいますがあまりそそられません。それなら村上まで戻ってその周辺で水曜日は釣ることにします。

村上の道の駅朝日に到着は5時過ぎ。道の駅に併設されている温泉施設でお風呂に入ろうと思っていたのですが休館日でした。みなさん知らないようで数分の間に4~5人ほどがっかりして帰っていきました。お風呂には入りたいので瀬波温泉へ向かうと竜泉という日帰り温泉を発見。大きな露天風呂があって700円。SDカードとかを見せると100円引きになるようですが対象なカードは一つも持ってませんでした。ぬるめの露天風呂で私よりちょっと年配の方と会話が弾みましてのぼせる手前まで温まりました。

夕飯はホカ弁を買ってその後にコンビニでビールとハイボールを購入。風呂上がりにビール飲みながらの夕飯になりまして最高な気分でしたが、このお酒がとんでもなく高いお酒に・・・




第三次遠征二日目(温海川)

9時過ぎに就寝しますが、1時過ぎには目が覚めます。1時間以上眠れず仕方がないのでコンビニでハイボールを購入。酔っ払って寝ますが、6時過ぎには起床。

20190826200113880.jpg


道の駅あつみは海沿にあります。向こうに見えるのは佐渡島ですね飛島の間違いです。

昨日釣った鮎は全部リリースしました。オトリ屋さんが開く迄時間がありますから、7時に開く道の駅あつみの食堂で刺身定食1,400円を朝食に食べるつもりでした。そろそろ食堂に行こうと思った頃に声をかけられました。グンマーの方でこちらに鮎釣りに来ていたようです。私は投げ釣り用の三脚を使ってタイツや足袋を干していたので、それを見て同業者と分かり高崎ナンバーの車なので声をかけてくれたようです。

会話の中でオトリがないと伝えると分けてくれるとのこと。鼠ヶ関川まで連れて行ってもらいオトリを2匹頂きました。無料という訳にもいきませんので1,000円渡そうとしましたが、お互い様ってことで受け取ってもらえませんでした。

今日の目的地は温海川です。昨日、川を覗いたら鮎がたくさん泳いでいたからです。川の周辺を彷徨きますが、駐車場がありません。なんとか駐車可能な場所を見つけて釣りを開始したのは9時過ぎ。

20190826200114e3f.jpg


頂いたオトリは元気でしたが、使い始めるとスタミナがありません。流れの緩い場所では釣りにならないので、流れの強い場所を探します。キツメの流れにねじ込むと長めのハリスに口掛りでヒット。まさに起死回生の1匹でした。その後はポツポツ釣れます。今日も小型が多いですが、オトリにならないような小型はありません。

201908262001165d1.jpg


本日の15匹目が今シーズンの300匹目です。

午前の部は24匹で終了。カップラーメンで昼食にして午後の部開始。午前は入川地点から上流で釣ったので午後は下流に向かいますが、中々釣れません。よく川の中を見てみると60cmクラスの鯉が群れで泳いでいます。これでは釣れないでしょうから一気に下ります。

20190826200119f7a.jpg


前日にここを見た時に呼び込みの営業鮎がたくさんいたのですが、ここで釣ると連チャンしました。そのまま釣り下って午後の部は26匹でトータル50匹。4時過ぎですが、疲れたので終了しました。

20190826200118b22.jpg


今シーズンの最高釣果ですが今一な気分です。空いてる川で歩き回って釣れるのはある意味当然ですから。小型が多いのも残念でした。

201908262001355f3.jpg


その後は公衆浴場でお風呂。200円です。かなり熱いです。

明日は阿仁川に行こうと思いましたが、いざ行こうとするとやっぱり遠くて止めます。鮭川を目指して道の駅とざわでホテルプリウス。この道の駅は・・・

第三次遠征初日(府屋大川)

月曜日から1週間の夏休みです。遠征と言えば神通川でしたが、先日の雨で増水中。イチロー先輩に相談したところ、北へ迎えとのことでしたので日本海側を北上します。

本当は5時ごろ自宅を出発するつもりでしたが、前日飲み過ぎまして出発は6:30過ぎ。

まずは荒川を見ますが、結構な泥濁り。三面川は薄いですが濁っています。次の目的地の府屋大川は濁りもなく釣り人もたくさんいます。

オトリ屋さんを探しますが見当もつきません。川沿いを上がって行くと橋の向こうにノボリがあります。車一台がやっと通れる橋を渡るとやっぱりオトリのノボリ。川沿いの道を進んだところにあるようですが、本当にあるのか不安になるようなところです。少し入って行くとちょっとした建物があって本当にオトリ屋さんでした。養魚場のようでこちらでオトリと日釣り券を購入。

20190825202930257.jpg


オトリ屋さんの一つ下流の橋から川に降りて釣り開始です。

20190825202932ca8.jpg


開始早々釣れましたが、小さくてオトリになりません。下流から上がって来た人に話を聞くと釣れない模様。少し下の堰堤の左岸側を釣りますがダメ。早めに昼食にして上流へ放浪の旅へ出ます。

上流でも全く釣れません。勝木川も同じ漁協の管轄なので移動しようか迷っていると久しぶりのヒット。オトリが変わると世界も変わって15cmクラスですが3連チャン。やっと一息着けました。

この後はポツポツ釣れまして、5時前迄やって終わってみればなんと32匹。

2019082520293304b.jpg


今シーズン2番目の釣果となりました。

その後は夕飯食べる場所を探して国道7号線を北上。飲食店どころかコンビニもありません。30kmほど進んで鶴岡市街地でラーメン屋さんを発見。

20190825202934d9a.jpg


あっさりした正油ラーメンでとっても美味しかったです。

その後は戻りまして道の駅あつみでホテルプリウス。現在、結構な雨ですが、明日は大丈夫でしょうか?

三回目のボ(神流川)

韓国がGSOMIAを破棄しました。そもそもいわゆる(笑)徴用工の判決で日本への賠償判決を出した時点で日韓基本条約破棄ですから普通の国家間なら宣戦布告とみなして戦争になるのだと思うのですが、流石の憲法九条が日本国を守ってくれているんですね(棒)

まとめサイトで見たのですが、韓国大統領府には正確な情報が上がっていなくてアメリカも本当に了承していたと判断していたと考えるのが自然なんでしょうか?世界大統領文大統領のYESマンしかいないのでしょうが、実態は北のスパイなんでは?もはや完全にレッドチームですから日本としても完全に縁を切ることになるんでしょうね・・・

先週水曜日にタイヤを全部交換しました。スリップサインもでてましたから当然のことで、近所のイエロー〇ットでお願いしました。5,000円で2年の間にタイヤがパンクした場合、無料で4本交換できますがといわれましたが9年乗って一度もパンクなんてありませんでしたから当然に申し込みませんでしいた。

今週水曜日は私の所属するチームの暑気払い。電車で行く予定で早めに自宅を出発しようとすると左前輪がパンクしてます。前回も左前輪でしたから何だか嫌な感じがしましたが取敢えず会社へ。飲み会は何てことなく開催されましてちょっと飲みすぎ。前回のタイヤ交換からすると一人でするのは相当時間がかかりそうなので木曜日は早起き(勝手に4時過ぎに目が覚めますが(笑))して5時からタイヤ交換開始。意外なことに何てことなく今回はジャッキも回りまして20分ほどでスペアタイヤとの交換完了。終わって気付きましたがホイルのカバーがありません。そういえば火曜日に郵便物を出しに行ったときに縁石に乗り上げたのでその場所へ向かうと私のホイルのカバーがありました。この時にパンクしたんですね(´;ω;`)ウゥゥ

木曜日はイエロー〇ットは定休日なので金曜日に定時で仕事を終えてイエロー〇ットへ。タイヤの状況からすると修理は無理、1本だけ交換となりました。自分の運転ミスでのパンクですからしょうがないですね(笑)

今日から来週の日曜日までが私の夏休みです。このところの前線の影響で鮎釣りできる河川も限られます。今日はとりあえず南甘へ。ちょっと気合も入っていたので7時過ぎに自宅を出発。途中で気づきましたが着替用のパンツを持ってくるのを忘れました(笑)

当然、オトリは天野さんで購入しまして今日は下流域へ。

20190824170626e95.jpg

泳がせの特訓と思いまして5番へ。下流へ歩いていきますが私に釣れるような場所はありません( ノД`)シクシク…仕掛を準備した時に気づきましたがベストにイカリの針ケースがありません。家を出るときにイカリ針をケースに補充したのですがベストにケースを戻すのを忘れたようです。ヤナギのケースはベストに入っていましたし、車まで戻るのも面倒なのでなんちゃってヤナギ要8.5号で開始します。

対岸のヘチの良さそうな流れに狙いを決めてゆっくり釣り下りますが全く掛かりません。反対側のザラ瀬や瀬肩を釣っても全く反応はありません。諦めて戻りながら激流の脇を狙いますがダメ。上流まで歩きましてキツメの瀬を釣ってもダメ。周りの人たちも釣れていませんでした。何だか気持ちも集中力も切れてしまいお昼前ですがギブアップ。残念ながら今シーズン3回目のボーズです。パンツまで濡れてしまいましたのでノーパンで短パン履いて帰ります。きっと誰にも気づかれなかったと思いますが・・・

おおぎやでラーメン食べて帰宅後は床屋さんへ。針の在庫が無くなったので近所の釣具屋さんで購入。サンダルも壊れてしまったので購入して帰宅すると先週お願いした眼鏡屋さんから留守電で新しい眼鏡が届いた連絡が入っていました。早速新しい眼鏡を受け取りまして運転するのにかけてみると世界がクッキリ見えます(笑)。10年も同じ眼鏡を使っているなんて限りなく犯罪なんですね。

明日からは第三次遠征に向かうことになるのですが、どうしたものか・・・

おまけの一日(色々と・・・)

土曜日は娘の友達が我が家に泊まりにくるとのことで、母子家庭な我が家とするととーちゃんは追い出されます(笑)。鮎釣りから帰ってきて後片付けを済ましと家出します。向かった先は榛名湖、到着は9時頃でしたが気温24℃です。ロープウェイ乗り場用?の駐車場に車を停めてホテルプリウス。スマホが壊れてますから暇つぶしもできません。ヤンキーのにーちゃん達にからまれてもお巡りさんに通報もできないことに気づきましてちょっとビビります。

鮎釣りの疲労もありますからあっという間に就寝しますが、何だか騒がしくて気づくとやはりヤンキーのにーちゃん達がいるようです。私の車に近づいてきましたがすぐに居なくなりました。その後、寝ていると騒音で起こされます。広い駐車場なのでドリフトして遊んでいるようですが実に安眠妨害されます。その内に雨が降り初めまして結構な豪雨。そんな中でもドリフトして遊んでました。

お酒飲みなおして寝られたのは3時過ぎ。早朝の気温は21℃、6時過ぎに起床して7時前に帰宅しますが玄関がロックされてまして入れません( ノД`)シクシク…

再度、放浪の旅へでまして近所のスーパーの駐車場で鮎釣りの雑誌みたり甲子園を見ながら時間つぶし。9時頃帰宅しましてちょっと一休み。

スマホが壊れてますので近所のauへ。10時開店ですが少し前に到着すると行列ができています。開店直前に並びまして6番目くらいでしたが直ぐに順番が来ましてスマホの交換手続きへ。約1時間ほどかかりましたが無事に完了。2,700円で交換となりました。

その後は眼鏡を買いに行きます。先日の東北遠征時ですが夜間に高速道路を運転していると標識が良く見えません。一般道でもカーナビが教えてくれないと看板もわかりません。眼鏡を買うならイタ〇キと決めているので以前にいった場所に行くとお店がありません。仕方なく帰宅してPCで店舗を確認すると我が家の近所にありました。前回購入した情報があるようで、現在使用している眼鏡は10年前に作ったものでした。老眼も始まってますが視力の低下も著しく今使っている眼鏡では両目で視力が0.4とのことでした。目力?は歳のわりには強いようで普段眼鏡なしでも生活に不自由が少ない模様。遠近両用ではちょっと世界が歪んで見えるので遠中両用?なレンズでお願いしました。

その後は釣りピットへ。せっかくなので眼鏡につける偏光グラスを買いに。奥様に相談するとシマノの偏光を見せてくれまして誂えたように私の眼鏡のレンズにあってましてので速攻で購入しました。

帰宅後は鮎釣りの仕掛作り。複合0.05の仕掛やハナカン周りを作成してからかみさんと近所の電気屋へ。

昨年の夏から我が家の冷蔵庫の効きが悪くなっていまして、そろそろ限界な模様。我が家を新築した時に購入した冷蔵庫なので16年半も使ってきました。お店の店員さんに聞くと使用状況によって寿命は変わるようですが基本的に8年ほどが寿命のようです。我が家のかみさんは買いだめしないので基本的に冷蔵庫はスカスカなので冷蔵庫には優しい状況だったようです。

私は基本的にクレジットカードは使わずいつもニコニコ現金払いなんですが今日は現金を下ろすのが面倒だったのでクレジットカードで決済。暗証番号を求められましたがわかりませんでした(笑)。それでもサインすれば大丈夫なんですね。

スマホの交換ですが早ければ本日夕方に到着とのことでしたが、無事に本日到着。自分では設定ができませんので明日ショップへ行くことにします(´;ω;`)ウゥゥ

170,000アクセスになりました。皆様ありがとうございます。




何とかボーズ逃れ(破間川)

先週の日曜日に復活したスマホですが木曜日に再度画面が表示されなくなりました。ネットの接続状況も不安定です。水曜日に中学時代の仲間から連絡があって金曜日に飲み会開催となっていました。携帯に連絡をくれた仲間の電話番号を登録しておいたのですがスマホが使えないとわかりません。木曜日に開場と開始時間を連絡くれることになっていたのですが、こうなると連絡が取れません。金曜日の仕事を終えてauのショップに行きましたが出遅れまして本日は交換の手続きができませんと言われ90分待ちとのことだったのであきらめて帰りました。スマホは便利ですがこれが使えなくなっただけで何かと不便です。会社からの電話にスマホの故障が理由で出なくて済むのは助かりますが(笑)

そんな訳で今日も写真はありません。

土曜日は会社の同期のTさんと職場のH君と鮎釣りへ。こちらの連絡も木曜日の夜にしましょうとなっていたのですができず、Tさんも平日休みがあるので金曜日が休みだったら困りましたが出勤日だったようで無事に職場で連絡がつけられました。

我が家に7時に集合しまして前日の予定では南甘ということでしたが、検討の結果魚野川へ。まずは登川を見ますが水がありません。六日町近辺では営業鮎がたくさんギラギラしてましたが鮎釣り初回のH君を釣らすには厳しそう。結局向かった先は破間川です。

現地到着は10時過ぎ、先行者が4~5名いましたので誰も釣っていない橋の下流へ。Tさんは上流の瀬、H君はトロ場への流れ込み、私はその下流のトロ場で開始。オカッパミはたくさんありますが垢ぐされしていて状況は厳しそう。そんな中、Tさんが中々の良型をゲット。私は水深のあるトロ場で根掛りで回収できずマイナス。そのタイミングでH君の様子をみると素晴らしい泳がせぶりで目印が飛んでいます。対岸のテトラの中をスイスイ泳ぐオトリなんてありえませんので仕掛を確認するとオトリがありません。初心者なので無理に引くなと厳命してますから無理やり引っ張ってオトリを逃がしたのではなさそう。中ハリスの接続用のチチワが切れてました。Tさんが釣った鮎と同様のおおきさの鮎が掛かった瞬間に切れた模様。

その後、私は上流の瀬で小型を1匹。H君も中々の良型をTさんのアシストの下でなんとかゲット。

昼食は七輪で焼肉とカルビスープ。ご飯をいれてカルビクッパにしようと思っていたのですがそんなに食べきれません。運転手がTさんなので私はビール3本飲んで完全に廃人化計画完了。約2時間の昼休みになりました。

午後の部は下流へ放浪の旅へ。垢ぐされですから浅いチャラか深いトロかキツイ瀬か、どこを釣ってもダメでした。東北電力の発電による水位上昇の案内が始まりましたので4時過ぎに終了。みんな仲良く1匹ずつで終了です。


第二次遠征四日目(阿仁川)

今回の遠征で2回目のホテルプリウスですが就寝時の気温が25℃、朝、目が覚めた時の気温が22℃でした。これくらいだと実に快適な車中泊ができます。4時過ぎに起床しまして川を確認。桂瀬橋の上流に入ることに決めてオトリ屋さんで日釣り券とオトリを購入。前日釣った鮎はみんなオトリとして引き釣り回しているのでみんなリリースしてきました。以前川沿いにあったオトリ屋さんがキクチさんだと思っていったのですが違うオトリ屋さんでした。

準備して川に入ったのは6時過ぎ。入った場所は浅いトロ場から右岸側はザラ瀬、左岸側が荒瀬、それが合わさって深瀬になってその下で大トロになっています。今日は竿はRS、水中糸はフロロの0.175で開始。まずは深瀬の手前にある浅い場所で泳がせますがダメ。続いて荒瀬の脇に入れるとすぐに12cmほどの小型ですが初日で一安心。もう少し上流の荒瀬の脇で同サイズをもう1匹掛けましたがキャッチミス。

ザラ瀬はまだ早いような気がしたので荒瀬の上ので瀬肩を狙うと20cmクラスの良型ゲット。これをオトリに上飛ばしするとあっという間に同サイズが掛かりましたが上流から2匹が流れてくるときに岩にぶつかってまさかの親子どんぶり( ノД`)シクシク…

仕掛を複合0.05に変えてヨーチャン1号で左岸の際ギリギリを狙うとガツンと大きなアタリでしたが掛かりません、仕掛を確認すると針がありませんでした。ここまで1時間もかかっていませんが全部獲れていれば5匹のいいペースですがフネの中には小型の疲れた野鮎とヨーチャン1号と未使用のヨーチャン2号。私の場合、ヨーチャン2号を使うのは最終手段であって最後の最後まで使いません。いつの間にか後ろのザラ瀬はお爺さんが来て釣ってます。もう一人来まして後ろの浅いトロ場を釣っていますから私はこの場所で粘るしかありません。元気な野鮎がいて上飛ばしできればいくらでも釣れそうなのですがくたびれたオトリでは何とか上に登って行っても見向きもされないようです。9時頃まで粘りましたがダメです。この場所のかなり上流はちょっとした瀬になっていそうなので意を決して上流へ放浪の旅へ。

向かった先は本流と支流が合流する場所です。本流の少し上流に一人先行者がいました。支流側が竿抜けだと思って開始しますが全く掛かりません。本流に戻って瀬を釣りますがこれもダメ。新たに二人釣り人が来て私の下流ですぐに鮎ゲットしてます。10時過ぎですがもうギブアップして帰ろうかと思いますが・・・

再度支流に戻りまして浅いチャラ瀬にいれると少し小振りですが久しぶりの鮎ゲット。少しずつ場所を変えながら4匹ゲットできました。そのうち2匹は18cmクラスです。そのまま上流のトロ場へ上飛ばしするとあっという間に20cmクラスゲット。その後もすぐに良型が掛かりましたがキャッチミス。下流の瀬を釣ったり上流のトロを釣って午前中は何とか11匹ゲットです。オトリが変われば世界が変わりました。上飛ばしで掛かる鮎は大きかったです。

また長い距離を歩いて戻りましてとっとと昼食。朝釣った場所に入りたかったのですが二人釣り人がいますので下流へ向かいますが私には手を出せそうもない大トロです。ちょっとした分流がありましたので上飛ばしすると1匹ゲット。上流の釣り人も一人帰ったようなのでトロ場とザラ瀬の境目に入ります。今度は良いオトリがいますので上飛ばしすると何てことなく良型ゲット。あまり泳がせに拘っていても時間もかかりますので下流のザラ瀬を釣ると18cmクラスがあっという間に4連荘。泳がせと下流を交互に釣る感じ。

3時過ぎまでに午後の部で10匹のトータル21匹でした。阿仁前田駅前より下流は小さいとのことでしたがほとんど18~20cmクラスでした。まだ早いですが疲れも相当溜まっていますので終了します。

コンビニで氷を買って阿仁川を出たのは4:15頃でした。秋田市を経由して国道7号線で酒田まで。途中で秋田名物アイス売りのおねいさん発見。基本、昔の秋田美人さんが売り子だと思っていたのですが高校生ぐらいのおねいさんでちょっとびっくり。反対車線で車も多かったので残念ですが寄れませんでした。7号線を走っているときに再度アイス売りのおねいさんを発見。今度は昔の秋田美人さんでしたが6時前でしたが販売終了した模様。もっと早く来ないとと言われてはぁすいませんと引き下がりましたがそんなの無理ですよね。

その後は海岸線沿いを走りながら新潟西インターまでは一般道、関越に乗って前橋まで約8時間のドライブ。道の駅に2回、高速のSAで2回トイレ休憩以外は一気に走破しました。酒田以降は食事ができそうな場所もなく自宅近くのすき家へ。0時過ぎでしたが若い女性の店員さんがいてこちらもビックリでしたが、髪の毛ぼさぼさで髭もじゃの怪しいおっさんが入ってきてあちらもビックリした模様(笑)

四日間でトータル90匹は微妙な感じです。三日目と四日目が展開が違っていればもう少し釣果も上がったかもしれませんが仕方ありません。さすがに米代水系は遠くてかなり疲れました(笑)

今回の遠征は先輩達が行くということでお供いたしました。探水会OB鮎班は総勢約10名で私が班長ですが最年少です。学生時代にOB会とかで認識があった先輩は1名しかいません。イチロー先輩を除けば皆さん70歳代の大先輩です。今年の新年会で先輩が昨年脳梗塞を発症して鮎釣り引退なんて言ってました。先輩達といつまで一緒にできるかわかりませんがこの仲間を大切にしたいと思います。

第二次遠征三日目(米代川)

遠征三日目も5時過ぎには目覚めます。今日は朝から雨模様で西の空に虹が出ていました。前日にコンビニで購入しておいたパンとカップスープでゆっくり朝食。テレビのニュースで天気を確認すると秋田県は大雨洪水警報が出ていますが秋田県南部で米代川水系は秋田県北部でとりあえず大丈夫そうです。6時過ぎにチェックアウトを済ませて生け簀に入れておいたオトリを確認すると2匹死んでましたが4匹は元気です。オトリ缶へ入れ替えまして出発準備をしていると宿の老主人が出てきましたので前日の釣果を報告すると上手なんだねと褒めてもらいました。今日は下流へ行くと告げると釣れているようだから頑張ってくださいと声をかけてもらいました。

今日は下流の二ツ井地区を目指します。木曜日のお昼ごろに家族ラインに報告を入れて以降、スマホが使用できませんので家族に安否を入れられません。心配してるかどうかはわかりませんが・・・

公衆電話があったら電話しようかなと思っていましたが中々見つかりませんが国道沿いのコンビニに発見。自宅へ電話するとかみさんがでましたが当然の如く全く心配してませんでした(笑)。

途中、雨が少し降ったりしましたがとりあえず道の駅ふたついへ到着。オトリ屋さんの場所とか天気の情報とか明日の釣り場の情報とかスマホがないと全くわかりません。会社からの連絡も着きませんが知ったこっちゃありません(笑)。明日の釣り場はイチロー先輩と秋田県南部に行く予定なんですが連絡のとりようがありません。

道の駅にあった地図にオトリ屋さんの情報を発見。オトリ屋さんへ行く前に川を見ます。このあたりの米代川は大トロな場所が多いのでしょうか、以前来た時に良い思いをした藤琴川は大渇水な模様。最近は渇水もあんまり気にせず釣りができるようになってきたのですが今回の大本命は外面の瀬です。以前、友釣りスペシャル97の雑誌で紹介されてまして沈めることさえできれば釣れるらしい・・・

つりけん赤坂さんでオトリを日釣り券を購入。合わせて外面の瀬への入り方を聞きます。私の車では河原へは無理とのことでしたが、現地に向かうと何てことなく河原まで入れました。先行者は1名います。ポツポツ釣れているようです。川幅は60mほどでしょうか、大減水なので川幅も狭くなっているんでしょうね。

渇水ということで甘く見たわけではありませんが今日も竿はFW、水中糸は複合0.05、針は一角7号4本イカリでスタート。瀬肩の少し上を反対岸目指して少しずつ入っていきます。真ん中辺まで進んだ頃に初ヒット。アタリと最初は何てことなく小さいのかと思いましたが2段ロケットで一気に走られて何とかタメましたが何てことなく中ハリスが切れてロケット発射。

渇水とはいえ流心の押しは強いので竿をPEへ変更、水中糸も複合0.07にします。再度同じ辺りでヒットしたのは15cmクラスで何てことなくゲット。そのまま対岸まで渡り切ります。対岸のザラ瀬では釣れず戻りがてら22cmクラスを2匹ゲット。戻りながら釣りますが11時過ぎに少し雨が降ってきました。様子がわかりませんのでいったん上がって昼食休憩。

私が釣り開始してからもう一人釣り人が来ましたが外面の瀬では3人しかいません。それがどういうことかは判りますよね。私の後から来た人はいつの間にかいなくなってましたが先行者の人はポツポツ釣っていて30匹くらいは釣っていたように見えました。

昼食休憩後も状況が改善するとは思えず、着替えて昼寝開始。車の中でエアコンかけて寝てたら2時過ぎてました(笑)。スマホを確認すると電源が入るようになった模様。それでも画面は薄暗くてよく見えません。とりあえず家族にラインでスマホの復活を告げますが少なくとも写真を撮ったりネットに接続したりは難しそうです。

午後の部は渡らずに左岸側から釣りますが最終的には3匹追加しただけでトータル6匹で終了。だだっ広い瀬を釣るのも決して苦手ではないはずなんですが、まったく歯が立ちませんでした。つりけん赤坂さんで釣果を教えてくださいと言われていたのですがこれでは恥ずかしくて行けません(笑)

片付けしているときに偶々イチロー先輩からの着信に気づきまして会話に成功。秋田県南部で合流予定でしたが前夜の雨で大増水のため釣りは無理。米代水系までは遠いので今回の合流はキャンセルになりました。その時にイチロー先輩から勧められまして翌日は阿仁川に行くことに。道の駅ふたついの近くに日帰りの入浴施設があるようなのですが見つけられず、スマホが使えれば何てことなくわかったのでしょうが・・・

取敢えず阿仁前田駅へ向かいます。現地到着は7時頃、以前来た時に周辺に日帰り温泉があったはずなんですが見つかりません。コンビニで聞くと阿仁前田駅のエキナカにありました。7:30前に入館しまして食事のラストオーダーが7:30なのでお風呂入る前にカレーを頼んで夕食に。

その後はゆっくりお風呂に入りまして河川敷の広場でホテルプリウス。スマホでネットもできませんので9時前には就寝・・


第二次遠征二日目(米代川)

酔いと疲れでとっとと就寝しますから5時過ぎには目が覚めます。本日も川を確認すると今日は営業鮎が見えません。前日コンビニで購入した朝食を食べて出発準備といくと、プリウスの左前輪がパンクしています。私は自分の車にも疎くてスペアタイヤは携行していないと思っていました。JAFにも加盟してませんし近くに車屋さんがあるとも思えません。

さあ、どうしたものかと困っていると先輩が車を確認してくれまして何てことはなくスペアタイヤがトランクの下に入ってました。先輩はトヨタではありませんが別の自動車会社勤務でした(笑)。

スペアタイヤに交換してガソリンスタンドでパンク修理してもらおうとの対応方針が決まりましてまずはジャッキで車を上げるのですが上がりません(笑)。プリウスってバッテリーのせいなのかとっても重いんでしょうね。交代でジャッキを回して何とかタイヤ交換に成功。スタッドレスタイヤの交換もイエ〇ーハットでお願いしてましたが、自分一人では絶対に無理ですね(笑)

今度こそ出発準備で生け簀のオトリを確認すると全滅( ノД`)シクシク…

取敢えず私はガソリンスタンドへ向かいましてパンク修理を依頼。無事に修理も完了しまして交換もあっという間に終わりました。完了したころに先輩達ともガソリンスタンドで合流できましてガソリンスタンドのお兄さんに場所を確認して川を見に行きます。

まず最初は扇田堰堤?の下の橋から川を覘くと営業鮎がたくさんキラキラしています。次にその下の橋下流の公園へ。テント張るにはよさそうな公園です。川は護岸工事中とのことで趣がありません。公園で宿泊していた釣り人と話ができまして情報を聞くとそれなりに釣れている模様。上流部より小さいとのことですがそんなに小さい鮎ばかりではなさそうです。

最初の橋のところに戻りまして釣り開始です。私は橋下流の浅いトロ場で泳がせ開始。今日も竿はFW、水中糸は複合0.05、針は一角7号4本イカリです。追われている感じはあるのに中々掛からず大きなアタリで掛けた鮎は10cmほどの小型でしたがキャッチミス。30分ほど釣りましたがダメなので一気に下流へ向かいます。

トロ場が終わった場所は崩れた堰堤のような場所。流れだしにオトリを入れますが簡単には釣れません。再度トロ場になる前の流れ込みで小型の鮎をゲット。小さくても野鮎ですからオトリにします。手前の石周りに移動させているときに何故かヒットで18cmクラス。これから循環が良くなりましてあっという間に6匹ゲット。そのころに先輩達も上流から降りてきました。堰堤下は実は禁漁区だったようで監視員に注意されたようです。

先輩方に野鮎1匹ずつ渡しまして先輩達は下流で釣り開始。私はそれなりの入れ掛り。二流しくらいして掛からない場合は針がオトリに絡んでいたり逆さが外れていたりで、なんてことなく11匹。アタリも遠のいたので先輩達の間に入って4匹ゲット。先輩達は本日のお昼で帰られます。お昼近くなって先輩の一人が片付け始めましたので私も一旦終了。午前の部は15匹、小さいと言われてましたが最初の1匹以外は18~20cmクラス。たまに23cmクラスも混ざります。午後に使うオトリを残して釣果は全部先輩へ渡します。昼食休憩のため私も車を停めた場所まで戻ります。トロ場を100m以上歩きますので大変です。

午後も午前に釣った場所で1時過ぎから再開。最初に釣った流れ込みで4匹ゲット。アタリが遠くなったので少し下流の段々瀬で今日の21匹目は小振りでしたが今シーズンの200匹目。その後はその下流の深瀬で釣れ続きまして4:30までで午後の部だけで31匹。午前と同じでほとんどが18~20cmでたまに23cmクラスが混ざりました。水温が高くてオトリも弱りやすく日曜日まで釣るつもりですので色の変わっていない元気な鮎6匹だけ宿へ持ち帰りましてその他はリリース。トロ場を歩いて戻る時にサクラマス3匹発見。ヘチで休んでいたのか一気に逃げていきました。こういう状況で大きな魚が走っていくとちょっと怖かったです。

宿へ戻って温泉に入ってからコンビニで夕飯とビールを購入。甲子園を見ていたはずでしたがいつの間にか寝てました。




第二次遠征初日(米代川)

今回の遠征は何かとトラブルが多くて、本来であれば結果は当日更新するのがモットーなんですが、できませんでした。

水曜日の仕事を定時で終えて帰宅すると既にかみさんが夕飯と風呂の準備をしてくれてありました。事前に準備してありましたので6時には自宅を出発できました。数日前に気が付いたのですがプリウスのタイヤにスリップサインが出ていました。もう少し早く気づけばタイヤを交換していたのですが時間がなくてできませんでした。(これもトラブルのもとでした)

高崎ICから高速に乗って十和田ICまで約600kmの一人旅です。高速に乗るまでは結構な渋滞でしたが道路は空いています。疲れ果てる前に早め早めの休憩に心がけて1時間ごとにSAで休憩します。

201908120753106ad.jpg

安達太良SAにウルトラマンガイア?がいました。旅行中なのか?関西弁なお兄さんが何でこんなにウルトラマンがおるんやって言ってましたが福島県は円谷英二の生誕の地ですから。

0時を超えて運転をしないというルールにしていましたので0時前に到着した花巻PAでホテルプリウス。ここまで約450kmです。途中のSAでは大型トラックがエンジン掛けたまま休憩中なのが多かったのですがここは少なくて、そんなに暑くもなかったので窓を閉めて寝られたのであまり騒々しくありませんでした。

4時過ぎには起床して4:30過ぎには出発。十和田ICで降りましてコンビニで朝食と昼食を購入。先輩の待つリトル大滝へは7時前に到着。到着をラインで伝えると部屋までくるようにとの指示ですので2階へ。今回は私を含め4人の予定でしたが1名奥様が体調不良ということで急遽キャンセルになっています。宿の裏が米代川です。窓を開けてみると一面の岩盤の上を大きな営業鮎がキラキラしながら呼び込みしています(笑)。

米代川水系への遠征は約18年ぶりくらいです。その時は職場のKさんと一緒で確か釣果は阿仁川で40匹、米代川で10匹、藤琴川で20匹、くらいの感じでした。米代川は水量に圧倒された思い出があります。

オトリは前日に先輩達が小坂川で確保しておいてくれて旅館の生け簀で活かしておいたのですが何匹か死んでまして生存していたのは5匹。ヨーチャンを2匹と日釣り券を購入して出発です。

向かった先は土深井?という場所です。9時過ぎには開始します。平日ですが結構な人がいます。大きな岩盤な場所ですが今年は大減水のようで私でも普通に渡れます。通常の水位でしたら危ない場所だと思います。先輩達は下流へ向かいましたので私は上流へ。竿はFW、水中糸は複合0.05、針は秀突7号4本イカリ、岩盤ではなくヘチ際の小さめの石が詰まった場所から開始しますが音信不通。岩盤のタルミに落とした瞬間に初ヒット、当たった瞬間は大したことなさそうでしたが途中から2段ロケットで一気に走られてのされてしまいまして岩盤ですから怖くて下れずバレてしまいました。その後はしばらく音信不通、10時過ぎくらいから鮎がキラキラしだしました。

2019081207531109e.jpg

写真やや右寄りの大きな岩の向こう側に沈めた瞬間にヒット。

20190812075313c11.jpg

記念すべき1匹目は24cmクラスの大型でした。この鮎を見て水中糸を複合0.07、針はトンボ7.5号4本イカリに変えます。

この後は写真左手下流のちょっとしたタナで連発、岩の隙間やヘチなどでも入れた瞬間に掛かります。右岸分流のオトリを入れずらそうな場所で1匹追加して集合時間の12時。午前の部は8匹で終了。みんな良型ですので楽しいです。午前の部終了時に針を見るとトンボ7.5号の針が外を向いてました。

1時間ほど昼食休憩、ビール飲みながら楽しい釣り談義に花が咲きます。1時過ぎから再開します。午後は下流へ向かいましてチャラ瀬で開始しようと思いまして座るのに適当な石を発見。仕掛けの準備をしようと思いましてフロロ0.2号の仕掛を仕掛巻きからだそうとするとバックラッシュしています。竿を脇に挟んだまま絡まった仕掛けを直そうとしますが一向に復旧できません10分以上格闘しましたが諦めて仕掛をしまうと持っていたはずの竿がありません。(´;ω;`)ウゥゥ

いつ流したのかもわかりませんし下流をみてもそれなりに流れがありますから見当たりません。7年前にかった2モデル前のFWですがまだまだ現役、定価は私の昼食費4年分くらいの金額ですからマヂで大泣きしたいくらいの大ショック・・・

呆然と立ち尽くしていたら50mくらい下流にいた釣り人が青い竿を振ってくれているような感じ。視力が悪いので遠くは良く見えません。慌てて近づいていくと私の竿を持ってくれていました。地獄に仏とはまさにこのこと。大感謝です。本当に誠心誠意感謝の言葉を述べましたが言葉では伝えきれないくらいの感謝です。黒装束の赤い竿のおじ様、本当にありがとうございました。いいオトリが取れたら渡そうと思ったのですが、再開後は中々釣れずおじ様も遠くへ行ってしまいました。

20190812075315c9a.jpg

そんな中、ザラ瀬で掛かった鮎です。一気に下られて下のトロ場で何とかすくいましたが25cmサイズです。午後は要7.5号4本イカリでしたが狐タイプの針が1本S字を描いています。信じられない破壊力なんですね。無双8号3本イカリに変えまして、その後はそのトロ場の左岸側ヘチでプチ入れ掛り。トロ場が意外に深く胸まで浸かりましてスマホが水没。普段ならジップロックにいれているのですが減水のため油断していました。これでスマホに電源が入らなくなってしまい完全にネットから遮断されてしまいました。

午後の部は9匹追加で初日の釣果は17匹、サイズは22cm~25cmでした。1匹以外は引き抜きでキャッチできました。FWでも2.75なら十分強いんですね。

先輩方はあまり釣れなかった模様です。本日の釣果のうち色が変わっていない元気な鮎10匹を明日のオトリように確保して宿の生け簀に入れておきました。

その後はガソリンスタンドでガソリンを入れてタイヤの空気圧を確認してもらうと左前輪の空気圧のみが弱くなっていた模様。宿のほうは老夫婦がやっているようなのですが奥様が体調不調のようで素泊まりのみ。ローソンで夕飯とツマミとお酒を買って店をでるとサンダルが出口の何かに引っ掛かって壊れてしまいました。

熱い温泉に入って宴会開始。釣り談義に花が咲きまして楽しい時間が過ごせました。

おまけの一日(第二次遠征準備)

先日の代休と有休1日使って木曜日から5連休にして東北へ行くことにしました。探水会OB鮎班の先輩達と一緒です。

そのためにまずは畑の草退治。月曜日に定時に仕事を終えてトラクターで畑をかんまします。

火曜日も定時に上がって睡眠時無呼吸症候群の定期健診?

私の部屋にはクーラーがないため窓を開けて寝ているのですがさすがにこの時期はC-PAPのマスクをするとすぐに汗ばんでしまうので気持ち悪くて使用できません。休みは炎天下で鮎釣りするために暑さに慣れるためにエアコンの効いた場所で寝たくないんです。この時期はしょうがないですよねと医者の先生からも言われるのですが突然死防止用のマスクですから使用したほうが良いに決まっています。

空いている倅の部屋で室温27℃でエアコンかけてC-PAPのマスクつけて寝てみると実に快適。熟睡できた証に目覚めた時に朝〇ちしてます。実に久しぶりです(笑)

医者について駐車場に車を停めると隣の車の中で老夫婦が寝ています。エンジンがかかっているのでエアコンはかけているのでしょうが、生きているのかちょっと心配になります。診察終えて戻ってきてもまだそのままでした。本気で医者の窓口の人に相談しようかと思いましたが、助手席のご主人?が動いていたので一安心?

帰宅後は水槽の掃除。連休に義妹が遊びに来るようなので取敢えずキレイにしておきます。

あとは山の神次第(神流川)

今日は職場の若者と鮎釣りです。7:30に迎えに行きまして神流川へ。途中まではテレビも映りますが山道に入れば移りません。
カーステにするとかかった曲が偶々ですがドラクエ。若者はゲームマニアでドラクエネタで盛り上がります。天野さんで日釣り券を購入しまして昨日釣ったオトリを回収に行きます。何人か釣り人がいましたが昨日釣れたポイントで竿を出している人はだれもいませんでした。

20190803194543dc7.jpg

こんな場所で開始します。昨日釣った感じからすると石のある場所なら簡単に釣れると思いましたが・・・

予想に反して全く釣れません。若者に釣れたら私も竿を出そうと思っていたのですがこれではできません。午前中は写真に写っている大きな岩の手前で1匹掛けましたが引き抜き失敗でハリス切れしてしまいゲットならず。

20190803194541634.jpg

昼食は七輪で焼肉。約1時間半ほど昼食休憩。楽しい時間を過ごせました。

午後の部も中々釣れません。周りの釣り人は多少は釣れているようですがあまり芳しくない模様。3時過ぎに雲が出てきて少し暗くなってきたら警戒心が緩んだのか遂に若者も1匹ゲット。エラ掛りでしたのでちょっと乱暴な取り込みでも無事にゲットできました。その後も1匹掛けましたが残念ながらゲットならず。二人とも明日は午前4時から仕事なので4時過ぎに終了します。3打数1安打で終了となりました。

前日のオトリが10匹いましたのでオトリの心配がなかったのが幸いしました。若者もそれなりに楽しめたようで二度とやるもんかではなかったようです。もう少し釣れると思ったのですが・・・

ライオンのめがね(神流川)

祝、韓国ホワイト国除外

徴用工の判決で日本企業に賠償を命じるような判決を国として否定しない以上、日韓基本条約破棄であって宣戦布告と同様なはず。さらに自衛隊の哨戒機へのレーダー照射なんて武力行使以外の何物でもなく。そんなことをやられて黙っているなんて許されるはずはありません。ホワイト国除外は軍事転用可能な戦略的物質の管理がずさんとのことですが何でもかまいません。朝日新聞では日本が悪いとの主張ですが朝日新聞のお陰で日韓関係が最悪になってしまったのだと思いますが・・・NHKのニュースでも日韓ワールドカップの共催で友好が深まったなんてやってましたが私が嫌韓に目覚めたのは2002年のワールドカップなんですけどね(笑)。いずれにしろ今後の展開が楽しみです。

今週月曜日、仕事を終えて帰宅しようとすると覆面パトカーが我が家のほうへ走っていきます。おまけの消防車も走っていきます。何だか焦げ臭いなと思っていたら自宅手前に消防車が停まっていて道路封鎖。我が家の近所で火事でした。遠回りして自宅に近づくとそこにも消防車が。私の自宅の前の道路に給水箇所があるようで自宅の駐車場に車を停められませんでした。自宅の道路を挟んだ反対側の家の庭に車を止めさせてもらえて事なきを得ましたが自宅に車を停められたのは2時間後でした。火事自体は大したことなくガレージが燃えた程度だったようです。

昨年までは鮎釣りするときに手袋をはめていたのですが昨シーズン終盤についに破れてしまい新しいのが欲しかったのですが、近所の釣具屋さんでは黒色のLサイズの手袋がなくて買えずにいました。先日の富山遠征で今シーズン初めて?好天気の中でも釣りで手の甲が日焼けで酷いことに。やはり手袋は必要なので火曜日にマツカツさんの釣りピットへ行きました。ここでも黒のLサイズはなかったのですが違う色の手袋を購入。その時にマツカツさんがお客さんからオイカワ釣るのにどんなルアーが良いのか聞かれて困ったなんて話をしてました。どんなルアーならオイカワが釣れるんでしょうか?

閑話休題?

土曜日に会社の若者を連れて鮎釣りに行くことになりました。本日は先々週の休日出勤の代休なので様子見兼オトリ確保で上野村へ向かいました。上野村の川の駅でオトリを購入。上野村役場裏へ向かいます。何人か釣り人もいますがハミアトも無く釣れる気がしません。かなり釣り下りましたが全く釣れません。途中で会った釣り人に話を聞くと1~2匹程度しか釣れていない模様。魚が少ないようで釣れれば25cmクラスらしいですが釣れないことには話になりません。上野村管内はどこもダメそうなので南甘管内へ向かいます。

20190802194609699.jpg

取敢えずお昼なので昼食休憩。何だか良くわからないですが冷やし狐そばです。油揚にカニカマ、水菜、畑でとれたオクラと大葉が入っています。とっても美味しくできました。ビールは先日、先輩からオトリ代として頂いたエビスのプレミアム。とっても美味しいビールです。

釣りするときには偏光グラスをかけます。私の免許は眼鏡必須なので移動時には眼鏡に変えますが、釣り再開時に忘れてそのまま眼鏡をかけてました。ちょっと雨も降り始めましたが午後の部開始です。

20190802194611af6.jpg

こんな場所で始めるとあっという間に初日

2019080219461388a.jpg

ちょっと小振りですがマッキッキな鮎でした。最近目印が見えないことが多くて辛かったのですが眼鏡かけていると実に目印が良く見えます。目印がぶっ飛ぶアタリでしたのでとっても楽しかったです。

今日はRSにフロロの0.15号でしたが3匹目で親子どんぶり。複合0.05に変えます。この場所だけで7匹釣って明日の下見のために下流へ放浪の旅。下って行ってもジャリばっかでアユ釣りのポイントがありません。仕方ないので最初の場所へ戻って再開。キツイ瀬でもそれなりに釣れまして4時まで釣ってトータル16匹。

201908021946142d1.jpg

午前の感じではどうなることかと思いましたが望外の大漁です。元気な鮎10匹をオトリ缶に入れて沈めておきました。これで明日のオトリは大丈夫ですが、明日はどこで釣ったら良いのか・・・



プロフィール

怪しい鱗人

Author:怪しい鱗人
鮎釣り暦は20年を超えましたが全然上達しません。(ウルトラセブン第10話本編より)
LINKはご自由にどうぞ

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR