定期演奏会(二日目)

今年の定期演奏会は前会長の唯一の特権で最終公演を指定席で見られます。今年度の前会長としての最後の仕事で9時頃に現会長へユンケルのプレゼントを届けます。今日も後援会のお手伝いということで11時に音楽センター集合。今週は諦めていたのですが、ポケモンGOの走行距離?が朝の段階で46km。今週も50kmが見えてきましたので頑張って音楽センターまで歩きます。

20181224081302746.jpg

今日も当然、長蛇の列。ちょっと雨がパラつきましたがなんてことなく済みました。昼の部の途中で3年生役員のお母さんが号泣してました。まだ早いじゃないですかと声を掛けましたが、2日目の昼の演奏でトランペットのソロが初めて成功したと言って泣いてました。前日の演奏を聞いた時も失敗なんてわからずに、流石西関東金賞の演奏と感動したのですが違うんですかね。幸いにも娘がソロなんてやることなかったのでこのような心配はすることなく済みましたが、親もプレッシャー感じてるんですね。

20181224081303d5a.jpg

今日も前日同様、運営に関係なく責任感も緊張感もないまま定期演奏会の雰囲気を味わえましてとっても楽しいです。二日目の昼の部は3年生の役員が主担当なのですが、3年生役員が講師の先生の好意で3部が見られることに。私達役員も7人いましたので急遽受付のお手伝い。私達の代と1年下の代のおやじーず役員はとっても仲の良い関係が構築できていましたが、女性役員も良い関係ができていたようでみなさん直ぐにお手伝いをしてくれました。

20181224081305df8.jpg

今日も夜の部を鑑賞します。開場30分前には雨が降ってきまして急遽会場を10分繰り上げます。案内された席は関係者用の特等席でビックリ。となりの先生方に通りがかる皆さんが挨拶していくので恐縮しっぱなし。今年度の最終公演になるのですが、観客に生徒も多く昨年は感じることが出来ませんでしたが声援や拍手とか雰囲気が素晴らしいです。最終公演ともなると生徒の疲労もMAXなんでしょう。ステージマーチングの美女と野獣で主役の女性が肩で息をしているのがわかります。いままで気付いたことはありませんでした。最後のセレモニー、生徒も周りの父兄も泣いているのがよくわかります。みなさん、精一杯の拍手と声援が沸き上がります。とっても素晴らしい演奏会でした。

私としては去年の忘れ物を探しに行ったのですが、残念ながら見つかりませんでした。

20181224081306c3a.jpg

終了後は同期のおやじーず5人とその奥様2人の7人で宴会開始。料理も美味しく楽しい会話も弾みます。1時間ほど経過したところで今年の現役おやじーず役員3人が合流して楽しい時間を過ごしました。本当に素晴らしい仲間に巡り会えたことに感謝です。

かみさんに迎えに来てもらって帰宅した時には日付が変わっていました。今日は朝から大道具の大掃除に。昨日の宴会で急遽お手伝いにいくことに。

2018122417203709e.jpg

最終公演時、譜面台にメッセージが貼られているのは知っていましたが今年は大道具にも貼ってありました。部活動の長時間化が問題になっているようですが、先生の負担が多いのはたいへんだと思いますが個人的には大きなお世話かと。他校との合同演奏会で聞いた挨拶ですが

「普通の高校生が青春を謳歌している時にあなたたちは青春の全てを吹奏楽に注ぎ込んできました。それが正しかったことは今日の演奏と観客の拍手が証明している」

昨日の定期演奏会を見ると本当にそう思います。

2018122417203579f.jpg

今年作った大道具も色んな工夫がされていて面白いです。美女と野獣で使われた野獣の命を表すバラの花。一枚ずつ花びらが落ちていくのですが、電動で動かしているのかと思いましたが箱の中に人が入っていて最後の1枚以外は下から突いて落として、最後の一枚は糸で結ばれているのを上手く引いて落とすようです。今年もたくさんの大道具が作られました。倉庫にしまうのも大変ですが何とか収納してキレイに掃除してお終い。

20181224172034a41.jpg

本当はステーキ宮で大食い選手権の予定でしたが大混雑なのでうどん屋さんへ変更。鍋焼きカルビうどんで最後はおじやにしてお腹いっぱい。とっても楽しい昼食会となりました。

プロフィール

怪しい鱗人

Author:怪しい鱗人
鮎釣り暦は20年を超えましたが全然上達しません。(ウルトラセブン第10話本編より)
LINKはご自由にどうぞ

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR