竿が泣き糸が鳴る(魚野川)

最近は仕事が忙しく疲労もピーク。おまけに風邪気味でして体調もよろしくありません。

金曜日の天気予報ではかなりの豪雨の予定でしたが何てことなく、土曜日の天気予報も晴れ。nasさんにも誘われていましたので魚野川へ。

今回は遂に小出地区へ。

201409061829311db.jpg

鉄橋より下流はコロガシの人がたくさんいます。nasさんと上流を目指します。2つに別れた左岸側のチャラから開始します。複合0.05にトンボ8号のなんちゃってヤナギですが今日は竿はいつもの競ではなくがまかつの早瀬スペシャル9mで釣ります。15年前に買った竿で競を買うまではメインで使用していた竿です。1回アタリがありましたが逆さ針が外れただけで釣れず。今までならば魚野川で一番釣れる確率が高いポイントは水深のある場所と思ってましたので左岸側の水深のある瀬を釣っていたでしょうが、nasさんの影響もあって今日は右岸側の流れを釣ります。

右岸の流れを釣り下って行きます。左岸よりのヘチの色が良さそうでしたので中洲の上から狙っていると20cm級が釣れました。キャッチした時にハリスが切れてしまい短くなったハリスをセットして再開します。

20140906182933e35.jpg

こんな感じの場所で釣ってましたが、当たっている感じはあるのに掛かりません。オトリを回収してみると針がありません。キツネ7号4本イカリに変更するとすぐに掛かりました。早瀬スペシャルで必死にためますが魚はまったく寄ってきません。下流のタルミに落としてなんとか掬います。23cm級です。体高のある鮎です。オトリにするのも不安なのでヨーチャンで再開します。ポツポツ釣れます。今日一番の強烈なアタリで掛かった鮎をばらしたタイミングで針をなんちゃってヤナギ9号に変えます。かかると強烈な引きで引きずり回されます。竿が満月にしなり糸がなります。なんとかタルミに止めてなんとか取り込みます。流石に15年モノの竿なので腰が抜けているのでしょうか?以前なら竿を溜めていれば魚が寄ってきましたがそうはいきません。対岸よりに走られてなんとか手前のタルミへ誘導しようとしますが痛恨の親子ドンブリ。シマノメタゲーム複合0.05にナイロン0.2号を網付けした場所にフロロ0.3号の付け糸をチチワ結びで接続してますが、これがすっぽ抜けてました。親子ドンブリや根掛かり等でオトリ放流する場合、付け糸以降のトラブルがほとんどです。これを機会に水中糸をナイロン0.6号に変更します。これだと切れる感じもありません。

201409061829347d1.jpg

24cm級のオトリに24cm級が掛かりますのでとっても楽しいです。午前中は6匹でした。

201409061829371a5.jpg

nasさんは昼飯も食わずに釣ってます。今日もビールとボンカレーです。

20140906182936b5b.jpg

鉄橋より下流はコロガシの人がいっぱいいます。

疲れのせいか缶ビール1本でいい気分です。午前に釣っていた場所の少し上流から再開します。すぐに掛かります。川を下らないと取れません。酔っぱらっていて転びます。結構危険です。あっという間に5匹追加しました。

上流のnasさんを見に行きます。浅い場所を釣っていました。この時点でnasさんは9匹でした。

この後は右岸の瀬や左岸の瀬を釣りますが音信不通。ナイロン0.6号の仕掛けですからオモリ1号と背針をセットしてキツイ場所だけ狙います。鉄橋の上流へ戻りますがここもダメ。夕方に所用があり、今夜は10時から仕事なため4時に終了。

20140906182955c71.jpg

20cmオーバーの良型ばかり11匹でした。nasさんは3匹追加して12匹でした。釣果の記念撮影後に戻ってくるときに1mほどのシマヘビに遭遇。思わず悲鳴をあげてしまいnasさんに笑われてしまいました。

前回の魚野川でも早瀬スペシャルを使用しましたが胴調子な竿でキツイ流れで良型が掛かってとても楽しかったです。腰が抜けてしまっている感じなのでやっぱり瀬釣り用の竿が1本欲しいです。

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ

テーマ : 鮎釣りの話、大鮎釣り、釣行記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

怪しい鱗人

Author:怪しい鱗人
鮎釣り暦は20年を超えましたが全然上達しません。(ウルトラセブン第10話本編より)
LINKはご自由にどうぞ

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR