4本イカリの作成

一昨年までは私の鮎釣りでイカリ針といえば3本イカリでした。

私なりの理由ですが、取り込みが下手なため、ばらす確率の高い4本イカリより3本のほうが最終的に取り込む確率が高いと思っていました。掛かり方の違いもわかりませんでしたし。

しかし、オザツヨさんの友釣り無双を読んで考え方が変わりました。竿も以前使用していたがまかつの早瀬スペシャルよりFW競2.75だと引き抜きやすくばらしも少なくなりました。一昨年にお師匠と三面川に行ったときにも3本イカリをメインに使用しているというと意外な顔をされましたし。

基本的にイカリは自分で作成してます。3本イカリの場合、蝶針の形にして上にハリスを置き軽く下巻した後に針を重ねた上にハリスがあるのを確認してその上にもう一本の針を置いて巻いてました。上手くいくと開いた時に自動的に120度の間隔になります。私の場合は5割強の確率で成功する感じでしょうか。

その巻き方で上に2本置いて巻けば4本イカリと思って巻いてましたが、上手く巻けません。ハリスが真ん中を通らないし、チモトが揃えば上等な感じでした。

で、巻き方をググってみると蝶針の上に蝶針を置く巻き方が最初に見つかりました。

20140507205145b46.jpg

この巻き方だときれいに巻けます。何事もやってみるもんです。

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ

プロフィール

怪しい鱗人

Author:怪しい鱗人
鮎釣り暦は20年を超えましたが全然上達しません。(ウルトラセブン第10話本編より)
LINKはご自由にどうぞ

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR